母のJGC修行 その2 – 国際線乗り継ぎ割引運賃 –

母のJGC修行で国際線乗り継ぎ割引運賃を利用して
シンガポールを沖縄でサンドイッチする行程を計画しています。
しかし、この行程シンガポールじゃなくてもOKなんです。

つまり今回は、
羽田-①-沖縄-②-羽田-③-シンガポール-④-羽田-⑤-沖縄-⑥-羽田
となっていますが

地元空港-①-沖縄-②-羽田-③-どっか海外-④-羽田-⑤-沖縄-⑥-地元空港
といった、行程でもOKなのです。

では、すべての行程でそういうことができるのかといったら
そうでもなくて
沖縄とどっか海外の運賃があるかどうかが決め手です。

それをどうやってたしかめるのかというと、JALのHPに行き

国際線予約で、那覇からどっか海外の運賃を調べます
その際にポイントとなるのが、国際線乗り継ぎ割引を①と⑥につけれるかどうかです。


国際線乗り継ぎ割引をつけれるパターン

たとえば沖縄からジャカルタは、ダイナミックセーバーF運賃があります。

kokusai_OK

なので、
地元空港-①-沖縄-②-羽田-③-どっか海外-④-羽田-⑤-沖縄-⑥-地元空港

黄色の区間に関しては、54000円でいけることになります。
しかも、③と④は普通にダイナミックセーバーによるマイル加算ですが
②と⑤なんて、国内線100%加算。
FOPとマイルがざっくざっくや~~~~( ゚Д゚)

あと①と⑥に関しては、国際線乗り継ぎ割引運賃で、
片道5000円、往復で10000円でつけることができます。
もちろん、FOPもマイルも100%加算ですよ。

国際線乗り継ぎ割引をつけれないパターン

では、ダメなパターンも見てみましょう。
沖縄からグアムで見てみました。
kokusai_NG

パッと見るとありそうなのですが、これはすでに国際線乗り継ぎ割引が使われています。

どういうことかといいますと、
地元空港-①-沖縄-②-羽田-③-どっか海外-④-羽田-⑤-沖縄-⑥-地元空港
グアム路線は、沖縄からの運賃設定がなく
羽田からグアムにプラスして、JAL側で②と⑤という国際線乗り継ぎ割引チケットをつけています。
国際線乗り継ぎ割引は国際線区間の前、後ろ、1区間づつしかつけれないので
①と⑥はさらにスーパー先得やらなんやらでチケットを買う必要があります。

まとめ

JGC修行といえば沖縄シンガポールが絶対!というわけでもないと思うので
自分でよさげな行程を探してみてください(´ω`*)
それも含めて修行で、修行がおわったころにはきっとJALの運賃や運航便に詳しくなって
真のJGC修行達成者になってるはず♪

と、いうことでややこしい国際線乗り継ぎ運賃ですが
理解の手助けになれば幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


母のJGC修行 その2 – 国際線乗り継ぎ割引運賃 –」への2件のフィードバック

  1. 国際線乗り継ぎ運賃というのは、JALでは一区間しかつけられないのでしょうかね。

    1. 一区間というのは、①と⑥の一往復ということでしたら、JALではそうなっていそうです。
      しかとコールセンターの人に聞いたわけではないので曖昧な返事で申し訳ありません。
      参考URL:http://www.jal.co.jp/inter/fare/dom.html

コメントを残す


*