JetStarはつらいよね

くだおれ台湾(くだおれたいワン)のたびでは、初めてLCCというものにのってみました。

サービスが簡略化されているかわりに、料金が安いっといったメリットがあります。
これを海外発券の際の日本脱出に使わせてもらいました。
GW中にもかかわらず、大阪→台湾が片道9800円。

DSC00659
飛行機乗るのすきなんで、もうワックワク
DSC00661
シートは皮張り。
DSC00662
うん、狭いね。
台湾までの3時間ぐらいなら、これぐらいのシートピッチでもがまんできるかな。
DSC00663
そして、機内では飲み物から食べ物、ブランケット、イヤホン、なにからなにまで有料です。
機内は寒いって聞いていたのであらかじめショールをだしておきました。
DSC00664

以下、Jetstarはつらいよね、の話です。
なにがつらいかといいますと、
まず自分の席に座ろうとしたらパンのたべかすがいっぱい散っていました。
ぎょえ、勘弁してよ・・・(个_个;)
LCCだと掃除とかもないのね。。。。
オットが親切にも「かわろうか?」っていってくれました。
でも飛行機では窓側GET派なんで、てきとうに手ではらって席につきました。
とりあえず、シートポケットの冊子でもみるか~と思いきや
ぎゃー!ヽ(^∇^;)ノ
なんかおむつを丸めたぐらいの大きさのごみが紙ナプキンにくるまれてはいってた。
もうすでにこの時点で不快度があがってきてるのに、
前の席の女の人がシート倒してくるし。
離陸前だからがまんしてたけど、結局最初から最後までたおしっぱなしだった。
しかも、この人がもうね・・・ずっと携帯いじってるの。
電源けして~っていってるあとも。
堂々と音まででてピポパポしててすごいストレスたまりました。
客室乗務員はシートベルト確認しにきて、見て聞いてるはずなのに無視。
後ろの席のおじさんは、飛行機降下中に
「おお、すごいぞ!」といいながら携帯のカメラでピロリン♪って写真撮影するし
ビビりな私にとってはつらいフライトになりました。
無事に台湾についたときはホッとしました。
隣をみたら、オットもよかった~!って言ってて、不安だったらしいです。
なによりも、一番カルチャーショックだったのは
客室乗務員の仕事っプリ?
基本笑顔ないし、もうギッタンバッタンって感じで。
びびったのは、前方のトイレにいって戻ってくるときに目にしたもの。
最前列のシートが左右ともにあいていて
左右それぞれに客室乗務員が座ってました。
靴脱いで、シート3つ分横たわって!!
いつもJALでの極甘接客されているから私の感覚がマヒしてるのか・・・?
そんなこんなで、まとめると
今後進んでJetstar使うことはないかもしれないけど
9800円ということで割り切ってのるならアリだなといった感じです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


コメントを残す


*