インカ帝国展@国立科学博物館

GW前半戦!
いかがおすごしでしょうか。
私は前からきになっていた、↓にいってきました。

DSC_0345
すごい混雑でびっくり。
みんなインカとかやっぱりきになるんですね。
個人的に興味深かったものその1、キープ
インカ帝国といえば高い文明で栄えてたにもかかわらず、文字をもっていないで有名です。
広大な領地をどうやって支配していたんだろう?と謎でしたが
今回キープというものを知ってちょっとガッテン。
文字がないと情報伝達は口からになっちゃうよな、っておもってたのですが
縄をつかって情報をやりとりしていたそうです。
Quipu[1]
↑こんなの。くわしくはWikipediaの「キープ」参照
縄の結び目や、位置、色などにより数などを伝達しているそうです。
インカ帝国展では簡単なキープの読み方なども説明されていて興味深かったです。
おどろいたことに、このキープには言語情報もふくまれていたとか!
でもまだ解読できていないらしいです。
おそるべし、インカ帝国。
個人的に興味深かったものその2、ミイラ
ミイラが4点ほど展示されていました。
袋にくるまれているものもあれば、もう本当にミイラ!ってかんじのもあって。
袋にくるまれているのは、X線検査の様子とともに展示してあるのですが
なんていうか中にミイラがくるまってるとはおもえないような
軽い絵が袋にかいてあって、ちょっと可愛い(@_@;)
袋にくるまれてないミイラは、ちょっと怖いです。
びっくりしたのは、よくみると目がのこってるんですよね。
すごいな・・・ミイラの保存技術。
個人的に興味深かったものその3、マチュピチュ3Dスカイビューシアター
3Dで空からのマチュピチュがみれるというもの。
大画面だし、迫力の映像です。
映像がはじまってすぐ、ナレーションを聞いたオットが
「あ。玉木宏だ」
「え??そうかな?わかんない」←私
という会話をしたすぐあとに画面に
ナレーション玉木宏
って出てました。
すごい・・。オット、玉木宏ファン疑惑?!
映像は実際に撮影されたものもあれば、CGで作られてるのもあって
どうせならやっぱり本物のほうがいいですけど
マチュピチュを飛んでる感じや飛び出す感じはCGで作りこまないと無理なんでしょうね。
マチュピチュ・・・いきたーーーーい!
問題は9日間ぐらいのたびになるから
会社をたくさん休まないといけないってことですね。
最後はミュージアムショップで買ったおみやげです。

DSC_0344

なんでこんなのインカ帝国展でうってるかとおもいきや、
製品表示のところに
「ジャイアントコーン(原産国ペルー)、塩、こしょう・・・略」
ってかいてありました。
しかもさっそく休憩所でたべちゃいました。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


インカ帝国展@国立科学博物館」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 3f21f2d67ef570744cfdf5e6a462f748
    たしかにいい声だよね!!
    兄は開始ほんと数秒できづいてた(笑
    そうか、エジプトにも生?ミイラがいるんだね。
    なんていうか、人間なんてすぐに骨になるかとおもいきや
    保存方法とかちがうと皮とか残る不思議・・。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も玉木宏の声だったらすぐにわかる!美声美声!でもまさか博物館のナレーションやってるとは思わないかも[絵文字:v-11]
    ミイラはエジプト行ったときに口ぽかーんて開いたまま見つめた記憶が・・・

コメントを残す


*