Swissotel タリンで一番高いホテル

エストニア出張で利用したホテル
swissitel タリンです。(スイソテル?「ホ」がない!)

DSC_0109

把瑠都さんも「あ~あそこいいよね」といっていたホテル。
タイトルの高いは値段ではなく、ビルの高さ(長さの高さ←ますますわかりづらい)
値段は1泊150ユーロぐらい。中の上ぐらいでしょうか。

建物の最上階の天井から、地面までの長さはこんなかんじ↓

DSC04914

タリンの旧市街は全体が世界遺産なので、建物をたてるにもいろいろ制限があるみたい。
聖オレフ教会の塔っていうのが街一番の高さで124mで、
このホテルは117mなので高さ制限てきにOK

まったくロビーやレストラン写真はないので、部屋の紹介してきます。

DSC04704

私のためにえらんでくれた!(のか、どうかはしりませんが)
なんとも可愛らしい部屋です。
会社の他の人達に聞いたら、インテリアが部屋によって違うみたい。
もっとシックな色だそうです。

なんにしても、一人で使うにはもったいないひろさ。

実際広くておちつかないので
自分で3つの枕をつかってベットの真ん中ぐらいに壁をつくり
残りの右2/5ぐらいのスペースで寝たらとってもおちつきました。

DSC04702

バスルームもめっちゃ広くて、↑この左側は

DSC04701

こんな感じのお風呂で、右側には独立のガラス張りシャワーブースがありました。
ゆっくりお風呂はいろうとおもって
しかもそのためにわざわざアロマオイルまで持参したのに
実際はカラスの行水じゃないけど、次の日があるのでシャワーだけですぐに寝ました。

DSC04706

結局こんな豊富にあるカフェマシーン使ったドリンクも1杯ものまず
ティファール的なお湯沸かし器は味噌汁飲むのに使いました。

時差ボケの関係で夜12時とかに寝ても、毎日朝5時ぐらいに起きてしまって
全然寝れないので朝ごはんまでの間の空腹しのぎに味噌汁。
マルコメの、生みそタイプのしじみ汁を3日間で5杯飲みました。

DSC04707

ホテルからの風景はこんなかんじ。
これは夜ですが、朝8時ぐらいまでわりと暗かったです。

子供たちが暗い中で登校するの大変だろうなっておもってたら
この時期は学校が9時からになるっていってました。

DSC04746

昼間はこんなかんじ。
毎日毎日、北欧の冬といったかんじの曇天でした。

ごはんもバイキングで、種類豊富ですごいよかった。
朝ごはん食べてる時にいつ会社の人がやってくるかわからないから、
いつもの「好きなものをすきなだけ、色は全体的に茶色」方式から
「彩を考えつつ、ちょっと控えめに、バランス良い朝食をとるOL」方式に変更しました。

ただホテルを利用しきれなかった&写真をもっとたくさんとれなかったのがくやまれます。
まぁ、出張だししょうがないか(><)

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


コメントを残す


*