鍋焼きうどん戦争 ことりor アサヒ – ことりの巻-

松山しまなみ海道たびで最初にくちにしたもの。
それはお昼ご飯の鍋焼きうどんです。

鍋焼きうどんの有名店は松山市に2つありまして、それが
ことり、と、アサヒです。
なんでも松山の人は鍋焼きうどんどっち派というのがあるとかないとかで
ここは県外の人間が2つ食べてみて白黒つけようかなと思ってみたりしないでもなく。

しかもこの2つのお店は路地をまがってすぐそこの距離。
50mもないのではないでしょうか?

鍋焼きうどん、まさに激戦区。

DSC05971

どっちにしようか迷って、ことりとアサヒのあいだをいったりきたり。
でもどっちのお店もメニューとか出てないし
外から中の様子がみれないしくみ。

どうしよ、どっちにする?
って迷っててもしょうがないのでちょうど通りがかりのおばあちゃんが入っていった
ことりにしてみました。

DSC05972

外にメニューでてないのもそのはずで、
店内のテーブルにもメニューはなく
壁にかけてあるだけです。

潔くて、いいですね。
メニュー決めるまで悩むことが多い私でも、
「とりあえず鍋焼きうどん」って注文できます。
いなりずしは追々考えていけばいいですもんね(´ω`*)

DSC05973

お店の中の雰囲気としては、こじんまりとした民家といったところで
テーブル数も座席数も多くないのですが、11時すぎの時点でわりと人がいました。

DSC05974

おいなりさん。
きつねは、薄め味で甘めに煮てあって、具のごはんもふっくらでした
なのでちょっとポロポロしちゃうぐらい。

DSC05975

そうこうしてる間に鍋焼きうどん登場!
アルミでできたトレーと、鍋と、レンゲ
この容器のチープさはなんていうか・・・・

あれだ!私の小学校の時の給食の容器こんなんでした

DSC05977

そして、ふたオープン。
出来立てだから、すごくあつかったです。(アルミは熱伝導率高いしね)
それをハフハフしながらたべました。

さっぱりとした、だし、甘めのスープ
うどんは鍋焼き独特のクタクタっとしたかんじです。
添えてある、肉しぐれや卵焼きもあまくて
これ、好きです!
辛党な人以外は万人に好かれる味じゃないでしょうか。

これが500円なんだから、松山の人はいいよなぁ。
マックとかいかずにお昼これでお腹も心もみたされますね。

量がそんなに多くないからあっという間に完食。

本当は翌日アサヒにいきたかったのですが、時間が合わなくて
けっきょく鍋焼きうどん戦争の決着は次回の松山たびに持ち越しになりそうです。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


コメントを残す


*