「風立ちぬ」に見る”夢”と”夢”

kaze

昨日はお盆休みなのに、休日出勤したオットと
お盆休みでもないのに会社休んだ私とで夜のレイトショーを見てきました。

宮崎駿監督の最新作、風立ちぬ。
映画の画像を貼る代わりにペイントとマウスで書いてみました。
雰囲気はでてる!・・・・かなぁ・・・?

重大なネタバレはないので見てない人も安心してください。

この映画で印象に残ったのは、
主人公が何度も夢をみるってことですね。
そのなかで憧れの人と話したり、自分のやりたいことをやってみたり、
自分の理想の飛行機をとばしてみたりと
様々な夢がでてきます。

で、夢なのですが
この間ネイティブスピーカーの人と話しているときに
「I saw dream in English」って英語でいったら
(1か月間のインド研修の最後の方はもう夢でも英語はなしてたわ~っていう話の流れから)
「dreamは see(見るもの)ではなくて、have(持つもの)だよ」
って教わりました
「え?それは、夜に見る夢でも、将来の目標でも?」
って聞いたら、「そうだよ。どっちもhave」だよって

そしてふとおもったのが、
夜見る夢も、将来の目標の夢も私たちは「夢」っていいますよね
英語でも「dream」は夜と将来両方の意味があるって気づいてなんか面白いなと思いました。

気になったので話者人口が多い言語を調べてみたところ
中国語:同じ
英語:同じ
ヒンディ語:同じ
スペイン語:同じ
フランス語:同じ

なんと、どの言語でも一緒。(私の簡易的調査なのでちがうかもしれないけど)
なんか、これってすごいなって感じました。
人間は言語が違っても夜寝てる時に見てる夢と、将来の目標を同じに考えてるんですね。

そんなことがあったもんだから、映画見てる時に夢のことについてちょっと考えてしまいました。
そして夢で夢をみることって、自然なことなのかもしれないけど
なかなかできることじゃないなって。
主人公の夢への意志の強さが夢に現れてるのかもと感じました。

私はわりと子供のころから、夢は楽しいのも怖いのも含めてアドベンチャーっぽいというか
フィクションのようなものを見ることが多く
たとえば、海賊船にのったり、
探偵してたら殺人事件の犯人に追いかけられたり
パニック映画のように世界の終わりがきたり
朝起きると「助かった~~!夢だった~~!」という感じで
なぜか舞踏会とかお姫様とかそういったファンシーなのはめったに見ません

それとはまた違う方向ですが朝起きた瞬間、
仕事のことですごいいいひらめきをした夢をみた気がするのですが思い出せなかったり。
みんなが気づいてなかったけど簡単に瞬間移動する方法を思いついたり
そういったひためき系の夢が一番悔しくて、どうにかこうにか思い出せないか
布団で粘ってしまいます。(そして二度寝・・・(-_-)zzz

もちろん日常的なものも多いのですが、大人になった今もときたま変わった夢をみます。

もう20代も後半になってくると、人生にそこまで夢や希望はないけど
そういった夢を、夢の中で見てみたいなとちょっと思いました。

夢夢夢夢夢夢、って夢について長々と語ってしまいましたが、映画は普通に面白かったです。
ちなみに私がサイコーに面白いと思ってるのは、となりのトトロと魔女の宅急便。

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


コメントを残す


*