祝★初 JALビジネスクラス 羽田ーパリ線

ローマの有休たびで体験★ビジネスクラスです!

けっこう緊張しながら搭乗したんですよ、
まわりはセレブばっかでうちらみたいなペーペーが座ったら
「ぷぷ、あの2人みて( ̄3 ̄)p」とか笑われるんじゃないかと・・・

でも、まわりはわりと普通の人でビジネスマンとか、家族連れとか、カップルとか
ちょっと拍子抜けしちゃいました。
それでもみなさん品がいい気がしたので、あまりさわがないように気をつけよう!←あたりまえ(笑)

お休みまえに、の食事

しばらくすると、メニューがくばられて
これを見てるだけでわくわくしました。↓メニューはクリックで拡大

DSC01056

出発が深夜だから、「お休み前に」しかでないのに、
オットと朝ごはんは洋食にしようか、和食にしようか?って話し合ったり

飲み物リストの種類の多さにおどろいたり

DSC01060

そうこうしているあいだに、軽食がきたー!
飲み物は シャンパン+オレンジジュース=ミモザ にしてもらいました。
写真の真ん中のサラミのやつがすごくおいしかったです。
サラミに隠れて見えないけど、パパイヤクリームチーズとサラミがすごい合いました。

大切に大切にたべていたけど、隣を見るとオットは
ヾ(*^〇^*)ノ パクっ
(@⌒~⌒@)もぐもぐ
と、ひとくち!?もったいないよぉ~

DSC01063

飲み物のお代りをきかれたので、シャンパンにしました。
すごく泡が細かいシャンパンで、美味しかったです。
頼む順番間違えたな・・・・反省。

ビジネスクラスのシート

あとは朝ごはんまで熟睡するぞ~。
どんだけシートが倒れるかドキドキ
DSC01058

これがシートコントローラー。
電動でうごきます。うぃ~ん、うぃ~んって。

DSC01059

ビジネスクラス搭乗は、正確には初ではありません。(往復、かつパリ線が初ってことで)
以前オットとバリに行った帰りになけなし?のマイルを使って片道ビジネスにアップグレードしました。

でも、そのときにはスカイスラックスシートという評判のわるいシートだったせいか
ふ~ん、ビジネスってこんなかんじか。ちょっとガッカリ
ってかんじで、良い印象はありませんでした。

そのため、オットはぜんぜん寝れなかった記憶をもとに
「ビジネスでは寝れない体だったらどうしよ、
そうしたらファーストにのるから、オレンジはエコノミー乗ってね」
とかいいだして
「はいはい、勝手に言ってな(・へ・)」ってかんじですよね。

が!!
今回無事に寝れたそうです。
よかったよかった♪

ちなみに私はわりといつでもどこでも寝れます。

【参考】 JALのHPより今回乗ったビジネスクラスのシート画像です
image

ビジネスクラスの朝ごはんとはどんなもんなのか?

協議の結果、私が洋食、オットが和食になりました。

DSC01064

フルーツもメゾンカイザーのパンもおいしい。
カスピ海ヨーグルトは以前自作していたこともあって、それにくらべたら粘りが少なくて普通でした。
でも、ヨーグルトにかけるはちみつがおいしくて、半分はそのまま食べました。

DSC01069

メイン?のたまご料理。
ナイフを入れた瞬間、でろ~っと半熟玉子がでてきたっ。
ソースと大きいベーコンが黄身とまざっていいカンジ(*^_^*)

でも、ちょっとお腹いっぱいでのこしちゃいました。

DSC01065

オットの和食もおいしかったらしいです。
みそ汁と、炊き立てご飯にかてるものはないですよね。

みそ汁を一口飲んだ瞬間、洋食の負けをうっすら感じました
日本を発って数時間なのにもう味噌が恋しいだなんて、やばい(笑)

お好きなものを、お好きなときに

DSC01057

お好きなものを、お好きな時に。
このシステムいいですよね。

なにたべようかなー、あれでもないこれでもないっていろいろ考えてたのに
ビジネスクラスのシートが寝心地よすぎて(ちゃんとした掛け布団もくれるし)
食べようと思っていた明石焼き、モスライスバーガーどころか何もたべませんでした。

ってか、深夜便だと眠くてそれどころじゃないかも・・・。

寝ておきたらアイスを食べようとしていたオット、
ぬけがけだー!と思いながら一口もらってまた寝ました。

DSC01062

JALオリジナルアイスクリーム「L’Orangerie(ロランジュリー)」
ジャン=ポール・エヴァンによるオリジナルアイスクリームだそうで、
チョコがすごい濃厚なおいしいアイスクリームでした。

あ~。
あっという間のビジネスクラスだったな
もうすぐパリにつくけど、飛行機をおりたくないよぉ((+_+))

DSC01068

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村↑1日1回クリックしていただけると、更新のはげみになります。


コメントを残す


*